おすすめはレジャーを楽しみながら婚活をする

婚活といってもさまざまな方法があります。インターネットのサイトに登録をしてメールのやりとりをしてお互いを知っていく方法や、結婚相談所を通して自分の希望に合う人を紹介してもらう方法などがあります。おすすめなのは結婚相談所が主催する婚活パーティに参加することです。なかには結婚相談所に入会をしていないと参加できないものもあるのですが、身分証明書を提出すれば一般の人も参加できるものもあります。立食パーティー形式の一般的なものも多くありますが、スポーツ観戦やテーマパークへ行くようなレジャー型の企画もたくさんあります。なかなか異性と話をすることができないという方でも、自分に興味のある企画に参加をすることによって自分も楽しむことができ、一緒に楽しんでくれるようなお相手を探すことができます。インターネットで参加の予約ができるところがほとんどですので気軽な気持ちで参加してみましょう。最近では自治体で少子化に対する対策の一つとして婚活を応援してくれているところが増えているようです。自治体主催の婚活パーティーやレジャー企画を行っているところも多数ありますので、各自治体のホームページから情報収集をすることもおすすめです。

私の周りの婚活成功例

私はアラフォーの既婚者ですが、数年前から独身の同世代の友人達の結婚が続きました。
そんな友人達の婚活方法ですが、みんな最初はお見合いパーティーなどに行ったり、相談所に登録したりしていたのですが、この年代になると仕事も忙しく趣味も充実していることが多く、そこまで婚活にかける情熱をなくしていった友人が多いように思います。そんな友人達が結婚したきっかけはたいてい友人の紹介といったものでした。友人の紹介といっても結婚相手にどう?といったものではなく、何かイベントをするときに知らない者同士なので、友人達が紹介してくれて、そこから連絡先の交換などをし、お付き合いが始まり結婚に至るパターンが多かったです。お見合いパーティーなどと違い、お互いのスペックが最初はわからないわけなので、純粋にその人と合うか合わないかで、お付き合いが始まることから、結婚してもこんなはずじゃ無かったと言うことがなく、うまくいっているカップルがほとんどです。逆に結婚相談所に登録したり、次々にお見合いをしていた友人は、会う人会う人マトモな人がいない。とボヤいていました。もちろん、年収や学歴などの条件はクリアしているのでしょうが、相手に対する心遣いが足りなかったりと、私が聞いていてもその人は結婚しない方がいいわ。と思うような人達でした。私たちの年代になると、独身の人は1人のスタイルが出来上がっていて、変えるのはなかなか難しく、それが出会った時点で合わないのであれば、結婚しても合わないかと思われます。やはり、そういった点では、男女ともに知っている友人の紹介というのが一番結婚に結びつくことが多いと思います。